本文へスキップ


有限会社 すこやか


〒136-0073 東京都江東区北砂5丁目17番36号すこやかビルTEL. 03-5857-6200

オレンジカフェorangecafe

江東区内で初となる常設のオレンジカフェを運営しています。

有限会社すこやかでは、江東区内初のオレンジ(認知症)カフェを開設しています。
すこやかビル入り口では、おにぎり片手に首をかしげた「お地蔵さま」が見守ります。
カフェは、近隣の方々の相談窓口として、若年性や軽度認知症の方々を早期に発見し、
医療機関や行政機関等への連携を図るアウトリーチ機能を備えています。
月曜日〜土曜日までの営業時間中は、各種相談を受け付けています。
また、必要に応じ所属する介護支援専門員へつなぎ、ケアプラン作成も致します。
その他、認知症サポーター養成講座の定期開催、認知症疾患センター看護師や、当社保
健師による健康相談会、各種イベント等地域の方々も参加できる催し物も開催していま
す。




オレンジ(認知症封じ)地蔵の由来

              オレンジ(認知症封じ)地蔵とえんむすび

昔あるところに、「すこやか」というお年寄りの世話をしている仲間がいました。
仲間は、物忘れの不安を抱えていたり、一人暮らしなどでさみしく過ごしているお年寄り
が愛おしく、一生懸命お世話をし、お年寄りに笑顔が見られるようになりました。
仲間は、そんなお年寄りの笑顔や「ありがとう」の言葉に癒され、楽しく働きました。
そして、仲間がこんなに楽しく仲良く働けるのは、お年寄りもそのご家族も、働く仲間も
その家族も、一緒に「幸福の輪」を廻しつづけてきたからだと考え、その回転軸として小
さなビルを建てることにしました。
そしてこのビルが、お年寄りのお蔭で出来たことを忘れないために、お年寄りが一番不安
に思っている物忘れや呆けを封じるお地蔵さんをお祭りすることにしました。
仲間は、物忘れや不安で困っているお年寄りに一番大切な事は、人と人との結びつきや助
け合うことだと知っており、街の人の縁結びに一役買うことにし、気軽に立ち寄れる「オ
レンジカフェ」も作ることにしました。
このようにお地蔵さんは、街の皆さんに親しまれるようオレンジ(認知症封じ)地蔵とし
て、小さなビルの玄関の片隅で、見守っていくことになりました。
呆けは、昔もこれからも、誰もがいつか通る道、「すこやか」の仲間はオレンジ地蔵とと
もに、お年寄りがこれ以上呆けないように願いつつ、これからも楽しくお年寄りの世話に
あたるとさ。


                                 平成26年6月

オレンジカフェの活動予定・取材等のお知らせ

オレンジカフェの活動報告は、オレンジカフェえんむすびのブログをご参照ください。

バナ

ースペース